TOP > 学校紹介 > 美祢青嶺高校について

校 訓 ・ 校 章

校旗デザイン

校訓: 誠実 創意 責任
校章について

「青」の字を図案化した中に、高等学校の「高」を配したもの。「青」を図案化した3枚の羽は、知育・徳育・体育を表し、円形は統合校の融和団結を、翼型に新高校の今後の飛躍発展を象徴しています。



教育方針

地域の施設を利用した学習会

●真理を探究する態度を養う普通教育並びに社会に貢献できるスペシャリスト養成のための専門教育を推進する。
●地域に根ざしたきめ細やかな指導の充実を図り、生徒一人ひとりの将来を見据えたキャリア教育を推進する。
●心身ともに健康な生徒の育成をめざし、生活指導の充実及び部活動の活性化を推進する。


教育活動

企業見学

●単位制・コース選択により、生徒一人ひとりを生かす幅広い教育を推進する。
●少人数・習熟度別授業、ティームティーチング等により進路希望の実現をめざす。
●部活動の活性化、資格取得の促進、各種コンテストでの入賞をめざす。
●地域の教育資源を活用するとともにボランティア・交流など多彩な活動に取り組む。


制 服

制服のイメージ

制服の色(ブルーグレー)には「知性・落着き」のイメージが込められています。本校ではドレス・コード(基準)にそって、みんなで恰好よく着こなしています。









制服の刺繍

制服の刺繍

美祢青嶺高校の略称に月桂樹の組合せ。勝利・飛躍を意味する月桂樹の葉が右肩上がりに伸張。美祢青嶺高校の希望を意味しています。下の4枚の葉は、左から順に「大嶺高校」「美祢工業高校」「青嶺高校」「美祢高校」を表し、歴史と伝統を継承しながら、「美祢青嶺高」を表す新しい葉が次第に増えていくように見えます。

甲子園のツタ

機械科実習棟で元気に育つ甲子園のツタ

甲子園球場のリニューアルに伴い、「歴史と伝統の継承」のコンセプトにそって、平成20年に甲子園球場のツタを再生させる「ツタの里帰り」参加校に選ばれました。写真は、機械科実習棟の壁面に茂る「甲子園のツタ」の様子です。美祢青嶺高生は、このツタとともに未来に向かって伸びていきます。